80男ホームステイ奮闘記

来月8月いっぱい、オーストラリアのパースでホームステイします。その奮闘記を発信します。乞う、ご期待!

"Give me two dollars."

まだこちらに来てから4・5日しかたたないのに、

昨日、それは突如として起こった。


近くの町に出て、信号待ちをしていたら、

一人の女性から「2ドルください」と言われて、びっくりした。

もちろん、私は断った。


実は、私は20年ほど前に、シドニーに住んでいたことがあった。

その時も、よくお金をせびられたことがあった。


私はお金をやらないことにしている。一度やると、さらにせびられたり、

また他の者からもせびられるのを、恐れるのである。


たいてい、"No, sorry." と言えば、引き下がる。さして、恐怖を覚えることはない。

しかし、暗がりで若者からお金をせびられるのは、あまり気持ちの良いもではない。


私は一度、他の人に聞いたこたがある。あなたもこういうことがあるか、と。

ところが、全然ないと言う。


私は考えた。なぜ、私だけがこんなに狙われるのか、と。

私の結論はこうである。


まず、私が日本人であるということ。私は典型的な日本人の顔をしている。

日本人はお金持ちで、気前が良い。恐らく彼らは他の日本人から、

うまくお金をせしめたことがあるに違いない。


One more thing. I look very gentle, mild and generous. Don't laugh.


Hiroshi

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。