80男ホームステイ奮闘記

来月8月いっぱい、オーストラリアのパースでホームステイします。その奮闘記を発信します。乞う、ご期待!

蓼食う虫も好き好き

ホームステイの家族のこと、家のことを書いたからついでに、

というよりはもっと大事な食事のことを書かなければならない。


普通のホームステイは、昼食はなくても朝食と夕食は出される。

しかし、ここは軽い朝食が出されるだけで昼食、夕食がない。


もし頼めば、有料で作ってくれるという。

私が最初にここに着いたとき、夕食を頼んだことがある。


私は肉は食べないが、魚は食べると言っておいたら、

早速魚料理が出た。魚の名前はわからない。


それはよいとして、魚が生焼けなのである。

肉のレアは知っているが、魚にもそんなのがあるのだろうか。


私は何が嫌いと言っても、魚の生焼けほど嫌いなものはない。

エリーナには気の毒だったが、早速焼き直してもらった。


それ以来、彼女には料理は頼まないことにした。

あいにく、近くにはレストランもなければ、テイカウエイ店

(こちらではテイクアウト店とは言わない)もない。


したがって、外出をしている時を除いては、

自分で料理をしなければならなくなった。


パン、牛乳、卵、インスタントラーメン、スープ、

野菜 (トマト、キュウリなど) 、果物 (リンゴ、ナシ、バナナなど)

を買い込んだ。最近コメも買った。


冬だというのに、意外と果物が多いのはありがたい。

私は肉を食べない代わりに、果物が大好きなである。

それに、外国に来ても果物だけには裏切られない。


私のカミさんが以前オーストラリアに来て、

大変気に入ったブドウもまだあった。


あれやそれやで私の自炊生活は始まった。

とにかく、生まれつき面倒臭がりだから、

何ごとも「簡単」にがモットーである。


ちなみに、私の昨日の夕食を紹介しょう。

見かけはあまり良くないが、これが結構おいしんですね。

何しろ、私の好きなものだけしか入っていませんからね。

卵、ポテト、グリンピース、缶詰の魚とその汁、それにスープ。


There is no accounting for tastes.


Hiroshi

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。