80男ホームステイ奮闘記

来月8月いっぱい、オーストラリアのパースでホームステイします。その奮闘記を発信します。乞う、ご期待!

ヒロシ無事帰国

一ヶ月に渡る私のオーストラリア、パースでのホームステイが終わり、

今朝無事に自宅に戻って参りました。


その間、ホームステイ奮闘記を読んでいただいた方々には、深く感謝いたします。

さらに、コメントまで頂いた方々にはどんなに励まされたかわかりません。

改めてお礼を申し上げます。


一応、「80男ホームステイ奮闘記」のブログはこれで終わらせていただきますが、

またいつの日か、お目にかかれることを祈りつつ、お別れとします。


Best wishes for your future.


Hiroshi

総括 (2)

さて、自分の反省点として、一番大きな失敗だったと思うのは、

こちらでホームステイ中、特別な活動がなかったことである。


日本を出る前に、日本語を教えるなどのボランティア活動とか、

地域の社会活動に参加するとかの機会を、探していたが間に合わなかった。


こちらに来てから、何か見つかるかもしれないと思っていたが、

結果的に何も見つからなかった。


この旅の主な目的がバカンスだとしても、一ヶ月も観光地訪問とか

ブッシュウオーキングだけではさすがに退屈してしまった。


次の反省点は、ホームステイ中の食事は、やはりそこの家族と

一緒にすべきだったという点である。


たとえ、そこの食事が自分の口に合わなかったとしても、

食事中の家族との団欒の方が大切だと思う。


イギリスでホームステイしたときは、

夕食時など家族と一時間くらい話し込んでいた。

それが今回は持てなかったのが残念だった。


最後は期間の問題だ。

結果的に主な活動がなかったことにもよると思うが、

やはり、老人にとっては一ヶ月は長かったかもしれない。


またホームステイの機会があるかどうか判らないが、

もしあったら、以上のことに気をつけたい。


さて、いよいよ明日16時20分にパース空港を発って、

翌日、朝8時に福岡空港に到着する予定です。


パースからの発信はこれが最後になります。

次は、日本からの発信になり、最後のご挨拶をして、

このブログを終わらせていただきたいと思っています。


See you then, bye!


Hiroshi

総括

私のパースでのホームステイも残り少なくなった。

ここらで総括をしておこう。


まず、この80になる老人をホームステに受け入れてくれたエリーナに感謝する。

病気したり怪我をしたりしないか、心配だったと思う。


私自身もそれを一番恐れていたが、今までのところどうやら無事に過ごして来た。

すべてのもの、すべての人に感謝したい。


さて、住環境だが、まず朝はいろいろな野鳥の鳴き声に目を覚まされ、

昼は庭の日向で食事をし、夜は静かに休むという、

老人にとっては申し分ない環境だった。


また、エリーナは私の行動に一切干渉せず、自由にしてくれた。

もちろん、苦情を言われたことも一度もなかった。


何不自由ない生活だった。ただ、三つの神器 (ウオッシュレット、電子レンジ、自動炊飯器)

がなかったことを除いては。したがって、ここでのホームステイは「当たり」とする。


ただ私の方に反省点が2・3ある。

これについては明日述べる。


Being lucky or unlucky depends on ourselves.


Hiroshi